タカダイオン

                 

                        262,500 (税込)

 

このたびの皆様方へのご紹介、ご提供はこれまで数々のボランティア活動をされてきた

「NGO ユニバーススター」並びに「NGO支援機構株式会社」のプロジェクトです。

 

 

 

レベル7の「高濃度放射能」に対処!  

 

地震と原発事故の被災者の方々には、心よりお見舞い申し上げるとともに、地震と事故の終息がいち早く見られますことを、心からお祈りいたします。 

  

 何があっても、人間には必ず乗り越えられますので、その確信を持つ人の存在が、今なによりも大切なのです。我々は、今からでも遅くないので、大地自然に感謝し、今まで足りなかった人類の、自然への感謝を捧げましょう!必ず、おさまります。  

  チェルノブイリにかつて日本の医療機器が、NGOユニバーススターを通じて、当時のバローガ非常事態省大臣に複数台寄付されました。  

       

  1台で数100人以上に試用できます。著名な医師を含め、チェルノブイリ近郊からは延べ200人以上の方を日本へ招聘して来ましたが、当時の子供たちは今や、次の世代を産み出しています。

   障害は出ていません。福島原発の10~100倍の被災と言われているチェルノブイリですが、タカダイオンを直後から試用していれば、症状は消えていたはずです。  

 

★ まず、 現地復興の要、NGOの方々が不安を感じて活動がままならない、との情報を聞いて、開発者の広藤医博から寄付して頂きました。

   

  広藤医学博士が家族全員を亡くされた広島の時は、タカダイオンによって30種類 にもおよぶ後遺症がすべて消えていったそうですが、被爆後の“急性”の症状 にも大変有効!とのこと。 

  

★ 東海村の原発事故から現在に至るまで、放射線被ばくの有効な治療法は、医学的には他に存在しません。  

  是非、皆様の周囲から啓蒙して頂き、万一被爆してしまったり、被爆の不安を抱えている方があれば、タカダイオンをお伝えください! 恐れることは、無くなります!  

 

★ タカダイオンの使用者は、見違えるほど若く生き生きとしてきます。顔は締り、肌艶は良く、歩行もしっかりしてきます。  

76歳の聴覚が日本人平均の40歳代と全く変わらず、同様に、免疫(リンパ球、NK細胞、マクロファージetc.の数)も40歳レベルと全く変わらなかった例さえあります。

通常70歳を超えると10分の一ほどに免疫が落ちると言いますが、40歳と同等とは信じられますか?医療データがあります。  

 

 

 

 

タカダイオンによる究極の老化予防!  

 

 

電子負荷療法の根拠  

1. 電子コンデンサー回路により与えられる  

2. -300ボルトにより1869億個の電子が与えられる  

3. 電子(e-)は体内の水分子と水和電子をつくり循環する  

4. 体液をアルカリ化する  

5. 酸素作用を促進する  

6. 活性酸素を消去する 

7. 人体の細胞を活性化する 

8. 自立神経失調症を正常化する 

9. 染色体損傷を回復させる 

10. 細胞性免疫と液性免疫を強くする 

 

操作概略は下記をご覧ください。 

http://www.kakumei21.com/shohin/takadaion-tejun.pdf 

 

 

★ 年をとっても、体が軽く、病気にかからず、しわやしみも余り無く、外見も魅力的、心も充実している! 

電子療法では、それらが可能です。以下は、広藤医学博士らによる医学書、「電子負荷療法の実際とメカニズム」からの要約です。 

 

★ 老化は、身体組織・臓器を造る60超の細胞の機能低下ですが、特に脳の機能低下は問題です。ところが、タカダイオンによる負電荷(マイナス電子)が生体に及ぼす効果は、ほとんどが「細胞の活性化」に関係するものであり、すべての人々の老化を抑制して、「生涯現役」の傾向をつくり出せる物と思われます。 

 

★ タカダイオンを長年使用している人には、「老齢になっても楽しく生活して、旅行にもしばしば出かける」という便りを頂くことが多いのです。

 

      

(症例) 

80歳、男性 

★生来の虚弱傾向で、少年期は毎年感冒で10日間は臥床していました。 

本人は、40歳まで生きられる自信が無かったそうです。 

 

★250V60分を就寝時に使用したところ、熟睡可能となり、元気が出てきて、一月後には、まったく元気で活動するように成りました。

 

(生活の質の向上) 

 疲労が少なくなった。  

 熟睡可能。臥床するとすぐ入眠して、翌朝まで目覚めない。 

 翌朝は、いつも疲労が解消している。  

 便通は毎朝で、食欲も良い。 

 風邪にかからず、20年間も寝たことが無い。  

 3~5年使っていると調子が良くて、仕事をし過ぎることがあって疲れるので、注意した方が良い。 

 

 

(聴力低下の予防) 

★ タカダイオンを使っている76歳の方の聴力検査をし、日本人の年齢別の聴力低下の表と比較したところ、ほとんど40歳代の聴力に匹敵するので驚かされました。

この症例は、ほとんど毎日負電荷を使用することにより聴覚経路のすべての部位の老化はほとんど進んでいなくて、会話とか音楽できく500Hz~4,000Hzの聴力は有効に保たれていたのです。 

 

(免疫力の低下予防) 

★上記の症例で、63歳では、リンパ球SI値が若者と同じく良好で、76歳においても低下していません。 

高齢になると免疫力の低下を生じるので感染症に注意、となりますが、電子負荷は、免疫力の低下を予防しています。

環境汚染とか老化による免疫力の低下により、肺炎やインフルエンザなどの感染症による死亡が増加していますが、一般に充分な防御のための方法が報告されていません。

タカダイオンの負電荷による良い免疫力の維持は、その優秀な効果を評価されています。

 

 

 

タカダイオン 電子負荷療法

   

細胞復活 若返り 難病治癒  

タカダイオン治療器とは、イオン医学の世界的権威で負電荷療法(高田療法)。 

生体酵素、免疫作用、自律神経などの働きを正常に保って健康を増進するタカダ電子の役割についてご説明していきましょう。

マイナス電荷が生体に有効であるという「高田理論」によって、臨床医学に応用されて多くの難病者を救済されたのは広藤道男博士等によるものです。
タカダイオン治療器とは、イオン医学の世界的権威で負電荷療法(高田療法)の創設者である元東邦大学医学部生化学教授の医学博士 高田蒔先生が発明し、1957年に厚生省に家庭用電位治療器として認可されました。

 
 高田蒔教授は日本人で初めてアメリカ国際アカデミー名誉会員になられました。 

操作概略は下記をご覧ください。 

http://www.kakumei21.com/shohin/takadaion-tejun.pdf 

 

 

★今や広島や北京をはじめとする大学病院etc.内外に知られたタカダイオンの効果ですが、今日はそのスタート時の状態を広藤道男博士にお聞きします。

  

広藤道男博士は、ご家族を広島で全員なくされています。原爆投下時に、博士だけが神戸の大学にいたため、被ばくを免れたのです。その後、タカダイオンによって、原爆被害者をはじめとするガンやケロイド等の難病を、臨床医として治療してこられた広藤道男博士は、聖医師と称されています。

  

広島記念病院時代 

★ 広藤道男博士が広島記念病院の内科に勤務中、治癒困難な疾患として原爆被爆者に試用しました。

  

★ 当時の被爆者は、30種にも及ぶ自覚症状と血球減少症 

になやんでいました。 

 

★ タカダイオンによる電子負荷(e-)を入院と外来で行うことにより、上記の自覚症状は、わずかな間で改善されました。 

 

★ 血球減少症は白血球と血小板がはじめに反応して、一カ月後には正常値が現れ、赤血球もその後反応しました。 

 

★ 脳の自律神経細胞と骨髄細胞あるいは結合組織細胞への良好な作用も考えられたので、動物実験による創傷治癒と自律神経の機能テストを行いましたが、良好な結果が出ました。 

 

★ 熱傷手術後の堅い肥厚性の傷跡は、2週間後には柔らかくなり始め、紅潮も軽減しました。 

 

伊豆逓信病院時代 

★ Shy-Drager症候群すべての患者の改善 

 

★ 慢性腎炎、巨大床擦れ、ナルコレプシーetc.が改善。 

 

 

NTT健康管理所時代 

★ リンパ球幼若化現象の改善が判明しました。 

 

★ 医師たちが非常に驚いた改善は、、、 

胃潰瘍、更年期障害、筋萎縮性疾患(ALS)の1例、感染症1例、難聴3例(全例)etc. 

 

★ なぜ、上記の様な多種多様な疾患が、単純な電子の負荷によって実現するのか?この後、広藤医学博士たちの研究は続きました。 

 

 

 

 

 

 

タカダイオンによる救済、解放!” 

医療機器 

  

★  電子療法は、クリントン大統領が専用機で迎えに来た癌の権威、 飯島登先生から、NGOユニバーススターが、開発者、高田蒔医学博士広藤道男博士にご紹介を受け、チェルノブイリetc.に寄付したものです。 

 

★  NGO関係者の多くが体験済みで、多くの歓喜、感謝、驚嘆の声を頂ました。臨床データが膨大にあり、当たり外れが無い、驚異的テクノロジー。安価であることも、多くの人々を救うポイント。                           

―痛くもかゆくも無く簡単操作!― 

 エステ、治療院、大学病院etc. で使用 

 

★ ゛不老効果!゛ タカダイオンを長年使用してきた76歳の男性の「聴力」は、日本人40歳の平均と同じでした。免疫ではリンパ球、NK細胞、マクロファージ数が40歳と同水準でした。 

 

★ 脳への効果” 認知症で、記憶がなくなり、覇気もなくなっていた男性が、4ヶ月後、昨日や1ヶ月前の記憶も蘇り、畑仕事に出る様になりました。アルツハイマー全6例が、社会復帰。 

 

 

 

《効果の理由》 

★ マイナスイオンが多い那智の滝の電子の数は、約15.000個(1c  c当たり)。医療効果には200、000個必要。しかし、一般のマイナスイオン発生機は1万~10万個。タカダイオンは、 1.869億 個で、レベルが異なります。 

 

★ 体の良くない部分は、皆プラスに帯電しています。電子はマイナス。したがって、プラスのところにしか行きません。そして、患部(または未病部分)が、中和されるまで止めないのです。 

 

★ウイルス等の外敵が体に侵入すると、免疫物質のガンマーグロブリンが 体内から出るのに2週間かかりますが、電子療法をしていると、即出る様になります。冒されなくなるのです。極めて風邪等にも罹らなくなります。 

開発者の高田医博は、日本人で初めてアメリカの医学アカデミー会員に認定されています。 

 

★ 活性酸素(プラス帯電)を極度に抑えるため、シミや皺etc.はもとより、糖尿による合併症(指を切る等)なども起こり難くなります。

 

★ 年齢により出難くなっていたホルモンが再び出るようになります。体に凹凸が出たり、フェイスアップしたり、肌つやが良くなります。だから、使用される筆頭がエステ、そして治療院。 

 高周波、低周波etc.の電磁波による電子器具と異なる、電子による根本治療であり、副作用も無く、膨大な臨床データがあります。 

 

 購入いただいた方は、広藤医学博士友の会に自動入会し、世界一の電子療法権威のご指導も、直接頂けます! 安心です。 

 

 

 

放射線の不安を 完全にぬぐい去る! 

 

皆  皆様のおかげで、約20年前からチェルノブイリを被災した子供たちを、NGOユニバーススターが支援した過程で、放射能に関する内外のテクノロジーが集積されました。「放射性物質を食べる微生物」はウクライナの国策に入り、放射能を消せる高熱分解機も仮契約になりました。 

 

★ 今回の福島原発被災に際し、多くの方から放射能の防ぎ方について、当NGOに問い合わせが相次いでいます。

   

万一、放射線を浴びてしまった方や放射製物質を含んだ水や農産物を食して心配な方は、電子療法の唯一の医療機器“タカダイオン”を試用すると、30種類にも上る後遺症をすべてぬぐい去れる可能性があります。

 

広島原爆投下後の防放射能データが残っていますが、試験した24種類の後遺症に対して、著効(極めて効果があった)が75%。軽癒(軽くなった)が23%でした。 

放射線被爆をすると、労働能力が無くなり、仕事が出来ないのが苦痛ですが、この点に関する効果は、膨大な臨床データによると、著効75%。軽癒20%。東海村原発事故から今日に至るまで、放射線の悪影響を解決するテクノロジーはタカダイオンのみで、チェルノブイリにもNGOユニバーススターを通じて寄付されました。 

 

 

過ってない機能性を有した製品として、将に、この時節であるからこそ、是非こ使用なさることを お奨め致します。この製品1台で100人余の人が手をつないでマイナスイオンによる電子負荷が行き渡る実例も勘案すればどれほどの優れものであるかがお判り頂けましょう。 

老若男女そして子供達で、必要としている人にお奨めいただき、また、資格ある施設でのご利用を是非ご検討されてはいかがでしょうか。 

操作方法をはじめ、一定のフォローは、「広藤医学博士友の会」への入会により受けることができますのでご安心ください。 

お申し込みをお待ちいたしております。

 

 

 

お約束致します!!

 

当方よりタカダイオンを購入して頂き、累計売上台数10台ごとに下記のお約束を履行致します。

 

福島原発事故により放射能被災を受けた地域のしかるべき場所、しかるべき方々にお役に立てるようタカダイオン1台を無料贈呈させていただきます。

実績については、ホームページ上で公開致します。

 

命の尊さに認識を深め、一人でも多くの方を救いましょう。